上野のクリニックで包茎手術するなら

包茎クリニック徹底比較~上野・新宿・池袋編~  » 包茎手術クリニック基礎知識 » 術後の生活は?

術後の生活は?

ここでは包茎手術の後の生活について解説しています。

手術の後の注意事項

クリニックで手術前に相談しに行った時、手術の説明も術後の生活についても詳しく話を聞くことができます。

ここでは、自分が質問したことと、実際の経過を交えて手術を考えている人の参考になればと思います。

  • 術後の経過はどう判断すればいいのか?通院の必要は?
    →基本的に、痛みや違和感などがなければ普通に生活していて、勝手に回復していくので放置プレーです。性的な意味でも1ヶ月くらいは放置プレーなのがちょっと辛いですが。通院は別項でも書いていますが、抜糸が必要な手術でなければ行くことはありません。
  • 包帯はいつ取れる?
    →3~4日はつけっぱなし、その後は消毒後にまた巻いておく。8~10日程度で包帯を取って生活できます。
  • 風呂には入れるのか?
    →術後はしばらく傷口を濡らしてはダメです。シャワーを浴びるにしても、ビニール袋で保護するなど濡れない工夫を。4~5日経ったら、包帯を外して軽く洗っても大丈夫。お湯に浸かれるようになるまではだいたい半月くらい。
  • スポーツはできる?
    →少なくとも1週間は激しい運動は控えること。包帯を取れるにようになっても、しばらくは慎重に。半月~3週間くらい経って、縫合糸が完全に取れれば水泳もOKです。
  • 酒は飲んでも大丈夫?
    →4~5日は飲まない方がよい。
  • 自家発電はできるのか?
    →3週間は自家発電もセックスも禁止! 糸が残っている場合は3週間過ぎてもまだダメだが、あまり長く糸があるならクリニックに相談を。
  • どういう時には連絡をした方がいい?
    →傷口から包帯が真っ赤になってしまうほど出血がある場合。わずかに包帯に滲む程度なら様子を見る。亀頭部分が腫れて、一時的に排尿しづらいこともあるが、たいていは自然に治る。排尿が困難な場合は連絡。

この質問は手術の後に何があるとマズいのかということを確認するために聞いたのですが、自分が手術したクリニックでは「違和感があったり感覚が鈍いなど、気になることがあれば何でも連絡してください」と快く言ってもらえました。

 
包茎クリニック徹底比較~上野・新宿・池袋編~