上野のクリニックで包茎手術するなら

包茎クリニック徹底比較~上野・新宿・池袋編~  » 包茎手術クリニック基礎知識 » 入院や通院が必要?

入院や通院が必要?

クリニックに相談に行った。クリニックは信頼できるところで、医師の説明に納得もした。となったら後は手術となるわけですが、手術という言葉からイメージすると、どうしても手術前後は病院に泊まるような感じがします。

しかし、こと包茎手術に関して言えば「包茎手術の手順」でも触れたように、ほんの数十分程度の時間しかかかりませんし、入院が必要になることもありません。

包茎手術は日帰りOK

極端な話、仕事や学校を休む必要すらないでしょう。なにせ昼休み程度の時間で済みますから…。短時間で済むので周囲にバレる恐れもなく、ササッと行ってササッと戻ってくることができるわけです。通院の必要性も、抜糸をするような場合や何らかのトラブルがあった場合など、限られたケースでしかありません。

つまり、包茎手術でクリニックに通う回数は、

  • 相談しに行く日
  • 手術当日

の2回だけと言っていいでしょう。

もちろん、クリニックや医師によって、または術後の状態によっては何回か通院し経過を見ることになる可能性はあります。そうしたアフターサポートをしっかりやってくれるところは、むしろいいクリニックですね。

やはり周囲に相談できる性質のものではないので、頼れるのは医師やカウンセラーしかいないわけで…。

正常な状態がどういうものか分からないから、不安も当然あるでしょう。自分も相談しに行った後と手術の後に、何度か電話していろいろ確認したりしました。くだらない質問だったかもしれませんが、丁寧に答えてくれた先生には大変感謝しています。

 
包茎クリニック徹底比較~上野・新宿・池袋編~