上野のクリニックで包茎手術するなら

包茎クリニック徹底比較~上野・新宿・池袋編~  » 包茎に関する基礎知識 » 包茎のままだと弊害が...

包茎のままだと弊害が...

剥けるのか?はたまた剥けないのか?青少年の心から消えることのないこの難問。

まぁ、6割方剥けないわけですが、それは別に努力が足りなかったわけでも、才能がなかったわけでも、悪いことをした罰でもありません。

包茎で死んだ奴はいないが…

包茎であることに罪はないですからね、当たり前ですが、かといって胸を張れるかといえばそうでもないのが困ったところ。

やはり包茎であることは、なんとなく一人前の男じゃないような気がしてコンプレックスになってしまうものです。それが行き過ぎると、普段の生活からして陰気になっちゃったりもするのですが、そこまで気にしなくてもいいと思います。

ほんの数十分の時間と数万円の費用で手術はできるし、ちゃんとしたクリニックで手術すれば絶対に治るわけですから。治らない病気に苦しむ人に謝れってなもんです。

精神的なことはともかくとして、包茎であることには、多少弊害があるのも事実です。

まず衛生状態。

被っているところが不潔になりがちです。ただし、これは風呂でちゃんと洗えば済むこと。

また、毎日ちゃんと洗っていれば、刺激への耐性もついて「包茎故の早漏」も防げます。

あと性病になりやすいとかいう話も聞きますが、これもどっちかといえば不潔にしているせい。別に包茎であることだけが理由ではないのです。

あと「モテない」説。

これも、多分上で挙げたような精神的な部分が理由として大だと思います。気になるなら手術すれば済むことです。

特に真性やカントンの人は仮性より悩みも深いかもしれませんが、思い切ってクリニックで相談するほうが近道です。

 
包茎クリニック徹底比較~上野・新宿・池袋編~