上野のクリニックで包茎手術するなら

包茎クリニック徹底比較~上野・新宿・池袋編~  » 包茎の種類 » 真性包茎

真性包茎

真性包茎とはどういうものかというと、通常時でも勃起時でも亀頭がまったく見えない、いわゆる「被りっ放し」の状態の包茎のこと。

亀頭が包皮に包まれたままの包茎のこと

包皮口が狭くて剥くことができないということもあれば、亀頭と包皮が癒着している場合もあって無理に剥くと出血してしまったりすることもあるとか。考えるだけで股間が縮み上がる恐怖ですね~。

だから、真性包茎は絶対に無理に剥いてはいけません。この真性包茎の場合、仮性とは違って剥くことができないので、必然的に包皮と亀頭の間に滓が溜まりやすく、洗いづらいために不衛生になりがちです。

さらに、常時包皮で覆われているため、亀頭部分の正常な発育が皮に妨害されて、短小になるというケースもあります。

また、いざセックスとなった場合には、挿入時に包皮がずれるので痛みが伴うことも。

これはコンドームやローションを使用するなどすればある程度は緩和することができますが、射精時に包皮で精子が止まってしまい、不妊の一因にもなる場合があります。

それに何より、自分に自信が持てないコンプレックスも、仮性と真性では段違いだと思われます。

真性包茎を矯正して仮性にする方法や専用の強制器具なども販売されていたりしますが、ヘタに触るとカントン包茎に悪化してしまうこともあるため、やはりオススメは手術をすることです。

真性包茎は状態によって保険が適用されるので費用も抑えられますし、手術するかしないかを判断するためにも、一度クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

 
包茎クリニック徹底比較~上野・新宿・池袋編~